Chromium OS‎ > ‎

操作手順書

【Windowsの自動時刻設定】

2016/03/06 5:20 に Chromium活用研究室 が投稿   [ 2017/09/30 21:20 に FASTER Takeuchi さんが更新しました ]

こちらは「1台のパソコンでChromium OSとWindowsを使い分ける」方がご参照下さい。
(対象パソコンでChromium OSのみ利用される場合は以下の設定は不要です)

<概要>
1台のパソコンでChromium OSとWindowsを使い分ける場合、「Windows利用時に時計がズレてしまう」という問題が発生します。
Chromium OSを使用した後でWindowsを起動すると、時計が現在時刻の9時間前を指してしまうのです

<回避方法>
Windows側にタイムサーバー(NTP)と時刻を同期させる設定を行うことで回避可能です。
  1. まずはNTPとの同期設定を行います。
    Windows画面右下の日時が表示された部分で右クリックして、「日付と時刻の調整」をクリックします。


  2. 「インターネット時刻」タブを選択し、[設定の変更]ボタンをクリックします。
    続いて、
    □ インターネット時刻サーバーと同期する
    にチェックし、サーバーに、
    ntp.nict.jp
    を指定して[OK]ボタンをクリックします。

  3. 続いてタスクの設定を行います。
    [コントロールパネル]>[システムとセキュリティ]>[管理ツール]>[タスクスケジューラ]
    を起動します。

  4. タスクスケジューラ内で
    [Microsoft]>[Windows]>[Time Synchronization]を開き、

    [SynchronizeTime]を右クリックして[プロパティ]を選択します。


  5. 「トリガー」タブを選択し、[編集]ボタンをクリックします。

  6. [タスクの開始]は[スタートアップ時]を指定します。
    [詳細設定]の設定は、以下の参考に設定し、最後に[OK]ボタンをクリックして下さい。

<補足>
これはChromium OSとWindowsで内部クロックに対する扱いが異なるために発生するものです。
Windowsでは、内部クロックの時刻をそのまま標準時刻として使います。
一方で Chromium OSは、稼働中に自動的に標準時刻をインターネット上から取得し、これを内部クロックに設定します。その際に内部クロックには標準時刻のそのまま適用し、これにタイムゾーンを加えたものを表示時刻として使用します
そのため、Windows使用後に Chromium OSを使用した際、内部クロックは(日本国内の場合ですと)9時間遡った時刻に変更されてしまいます。
その後で再びWindowsを使用すると、Windowsでは現在時刻よりも9時間前が表示されてしまうのです。
これは、WindowsとLinux系OSの内部クロックに対する扱いの違いに加えて、「Chromium OSが自動的に時刻合わせをする」という仕様に起因する結果です。
そもそも一般的なパソコンは、複数のOSを使い分けることを想定していないため、デフォルト設定ではこのような問題が発生してしまうのです。

【Chromium OS初期設定】

2016/02/28 4:29 に Chromium活用研究室 が投稿   [ 2017/09/30 21:20 に FASTER Takeuchi さんが更新しました ]

BIOSのBOOT設定が完了したパソコンを、USBメモリーを挿した状態で起動すると Chromium OSは立ち上がってきます。
ここで行う初期設定は、Chromebookの場合とほぼ同様です。
※ Googleアカウントをお持ちで無い方は、別途アカウント登録が必要です。
 (初期設定画面の中でアカウント登録することも可能です

<初期設定画面での作業>
  1. Welcome画面が表示されます。ここで入力するのは、
    (上から
    順に日本語 → 日本語  (networkでは)お使いの無線LANを選択します。
    最後に[continue]ボタンをクリックします。


  2. 次がアカウント入力画面です。
    アカウント名(Gmailアドレス) → パスワードの順に入力し、最後に[Sign in]ボタンをクリックします。


  3.  ログインが完了し、Chromium OSが利用可能となります。
    次回の起動時からは、パスワードを入力するだけで利用可能になります。
    ただし、このUSBメモリーを他のパソコンで使用する場合は、また初期設定から行うことになります。

【USBメモリー起動のBIOS設定】

2016/02/27 17:48 に Chromium活用研究室 が投稿   [ 2017/09/30 21:20 に FASTER Takeuchi さんが更新しました ]

Chromium OSを起動するためには、最初にパソコンのBIOS設定で「USBメモリー起動」を指定する必要があります。
通常パソコンは、内蔵HDDのOSを優先的に読み込むように設定してあります。
その優先順位について USBメモリー(あるいはUSB HDD)を上にすることで、USBメモリーを挿してパソコンを起動した際に Chromium OSが立ち上がるようになります。
この時、USBメモリーを挿していなければ 内蔵HDDからOSが立ち上がります。
利用者は、USBメモリーを挿す/挿さないで何時でもOSを切り替えることが出来ます。

<BIOS設定手順>
  1. 起動設定
    パソコンに送付したUSBメモリを挿してから、パソコンを起動しBIOS画面を表示して下さい。
    (機種により操作が異なりますが)多くの端末で「電源投入後にメーカーロゴが表示されたタイミングで[F2]キー *1) を押すことでBIOS設定画面に入れます。
    キーを押すタイミングが合わない場合は、電源投入直後から繰り返し[F2]キーを押して下さい。
    ※ 機種によってBIOS画面起動の、[F1]のものは[F12]のものもあります。

  2. メニューバーで「起動」(あるいは「Boot」を選択し、USBメモリーもしくはUSB HDDが優先になるよう上に移動します。
    移動方法は機種によって異なります。画面の説明書きを良くお読み下さい。
    ※ 機種によっては、USBメモリー/USB HDDのBOOT(起動)そのものが無効になっているものもあります。
      その場合は有効に変更して下さい。
      設定例) メニューバーでAdvancedを選択し、USBに関するオプションをEnabledにする。

  3. メニューバーでExit - Exit Setupを選択して、設定を保存します。
    パソコンが再起動します。

*1) 機種によってBIOSの画面起動に使用するキーが異なります
  NEC、Panasonic → [F2]キー
  HP → [F9]キー
  東芝、DELL、acer → [F12]キー


<Chromium OSの初期設定>

  1. BOOT設定をあUSBメモリよりOSが起動します。

    上から順に、日本語、日本語と選択し、networkではお使いの無線LANを選択します。

    (必要に応じて)無線の暗号化キーを入力してから、[続行]を行います。

  2. メニューバーでBootを選択し、USBメモリもしくはUSB HDDが優先になるよう上に移動します。
    移動方法は機種によって異なります。画面の説明書きを良くお読み下さい。
    機種によっては、更にメニューバーでAdvancedを選択し、USBに関するオプションをEnabledにする必要がある場合もあります。

  3. メニューバーでExit - Exit Setupを選択して、設定を保存します。

  4. USBメモリよりOSが起動します。
    上から順に、日本語、日本語と選択し、networkではお使いの無線LANを選択します。
    (必要に応じて)無線の暗号化キーを入力してから、[続行]を行います。

  5. Googleのアカウント名(E-mailアドレス)とパスワードを入力すれば、ログイン完了です。





1-3 of 3