Chromium OSをご存じですか?
これはChromebookに搭載されているChrome OSのオープンソース版で「Chrome OSのオリジナル」とも言えるものです。
Chromebookの採用を決定される前に、一度ご利用中のPCでChromium OSを試されてはいかがでしょう?

【趣旨】
Chromebookは非常にコストパフォーマンスに秀でた製品です。
OS部分が非常に軽量で、かつChromeブラウザに特化した設計のため、低いハードウェアスペックでも高いパフォーマンスが実現可能となっています。
しかし「パソコン代わり」に購入すると、思わぬ落とし穴があります。
Chromebookは、見た目にはノートパソコンと変わりありませんが、実はパソコンとは一線を画するもので パソコンでは当たり前だったことで出来ないことが幾つもあります。

Chromebookの採用を決める前に、まずは手元のパソコンでChromebook環境を試してみませんか?
方法は簡単です。Chromium OSセットアップ済みのUSBメモリをパソコンに挿入して起動するだけ。
パソコンの世界とは全く異なるChromebookを体験することができます。
"体験"・・・と書きましたが、こちらはWindows上の模擬環境ではありません。これ自体がOS本体ですので、本物のChromebookと遜色のない 本格的なご利用が可能です。
Windowsに戻りたければ、USBメモリを抜き取って再起動するだけ。内蔵HDDは使用しませんので 既存の環境を壊すことはありません。
※ Chrome OSのコンセプト動画は、What is Google Chrome OS? にあります。
  Chromium OSの利用イメージにつきましては、Chrome OS on PC をご覧下さい。
 

【Chrome OSやChromium OS出来ないこと

  1. Windowsアプリケーションの利用
    Windowsアプリケーションのインストールや実行はできません。
    Microsoft Office、Skype、iTunes、PhotoshopといったアプリケーションをChromebookで使うことは出来ません。
    同じく、世の中に沢山出回っているフリーソフトもご利用にはなれません。
    「スマホやタブレットで出来ないことを Chromebookでやろう」と思うと 以外と出来ることは少ないです。Chromebookはパソコンでは無いのです。
  2. 印刷やスキャナーの利用
    USB対応のプリンタなどは直接利用出来ません。ネットワークなどを経由して別のパソコンから印刷する必要があります。
    世の中にはChromebookから印刷できる「クラウド対応プリンター」というものも存在しますが、まだまだ普及しているとは言い難い状況です。
  3. ファイルサーバへのアクセス
    Windowsのファイル共有サービスやNAS(ネットワークストレージ)からデータを読んだり、保存したりする事はできません。
    もっとも Googleドライブなどのクラウドストレージを利用すれば、ローカルのストレージの必要性を感じることはありません。

【Chromebookとの違い】
  1. 自動アップデート
    Chromebookで標準装備している「OSの自動アップデート」「Chrome(ブラウザ)の自動アップデート」は残念ながら出来ません。
    これを行うには「USBメモリ自体の再セットアップ」が必要です。(希望者には再セットアップを安価に対応させて頂いております)
    ただ、このOS自体が極めてセキュリティにレベルの高い構造になっておりますので、そもそもWindowsのような頻繁なアップデートは必須ではありません。
  2. 証明書チップには未対応
    Chromebookの証明書チップには対応しておりませんので、CMC(クローム管理コンソール)からの利用に制約があります。
  3. 自動再インストールは不可
    Chromebookでは、BOOT OSに異常があった際にファームウェアが自動で初期化/再インストールを行いますが、Chromium OSにはファームウェアの概念がないために この機能はありません。もしもUSBメモリ自体に異常が発生した場合は、再セットアップが必要となります。

※ その他 動作要件 等につきましては、以下のリンクをご参照下さい。

【無料でご利用になれます】
Chromium OSセットアップ済みのUSBメモリーを無償でご提供いたします。
利用方法は簡単。パソコン本体に挿してUSBブートするだけ。
お申込みはこちらから 

【その他情報】