活動趣旨

Google for Educationへの取り組みについて

私たちは、電気通信事業者として あるいはシステムインテグレーターとして、これまで様々な企業に対してITの活用提案を行ってきました。
そこで蓄積した経験とノウハウを、教育現場にも活かしたいと考えています。

インターネット関連サービスの最大手企業であるグーグル社は、G SuiteやChromebookといった教育機関向けのソリューションを提供しています。
これらを活用したシステムは、教育用ICTの導入/運用コストを驚くほど下げる事が可能です。
しかし「ただ安いこと」だけが魅了ではありません。
世界最先端のIT技術を導入することで、教育用ICTに素晴らしい変革をもたらすことが出来ると私たちは考えています。

生徒と先生合せて500名の学校で G Suite for Education を導入してもライセンス料は一切かかりません。
これが民間企業であれば、360万円/年間の費用がかかります。(G Suite with unlimited storage and Vaultの場合
教育機関であれば、これを無料で利用できます。全教職員、学生/生徒、卒業生まで含めた全ての関係者にアカウントを発行することも可能なのです。
これほど画期的なサービスが、日本国内では(一部の教育機関を除いて)まだまだ浸透していません。
G Suite販売パートナーの多くは、G Suite導入のノウハウを持っていながら、直接利益につながらない G Suite for Education を取扱い対象商品としていません。
そして Google社自体も、(少なくとも日本国内においては)このサービスを大々に啓蒙しておらないのが現状です。

私たちシステムインテグレーターが、その企業リソースを僅かに割くことができれば・・・
その一方で学校が、こうしたパブリッククラウドに対してもっと関心を示して頂けたなら・・・
この状況はいつでも改善することが可能です。
私たちと一緒に、この素晴らしいクラウドサービスを活用したICT化に取り組んでみませんか?
私たち自身も、そこから教育とテクノロジーの関係について多くの事を学べると考えています。
クラウドの出現によって始まった次世代のICTを推進していくには、このように学校と企業が新たな関係を築く必要であると考えています。

【お問合せ先】
株式会社FASTER 情報教育支援センター
 Eメール edu@faster.ne.jp